大人ニキビに苦しんだ私に光がさした治療法

By: Abi Skipp

30代女性です。大学を卒業してから、私は大学病院の看護師をしていました。26歳~27歳頃、責任ある役割を任されたり後輩の指導をしたり、やりがいを感じてバリバリに仕事をしていました。付き合っている彼氏もいて、まさに生活は充実していました。

しかし、そのころの私には大きな悩みが。顔に出来たニキビがどんどんひどくなり、顔中ニキビだらけになってしまったのです。患者さんという人相手の仕事だし、年頃で恥ずかしいし、ファンデーションで隠していました。でも化粧をすることでまた悪化するという悪循環。夜勤が付に9回ほどあるという不規則な生活。付き合っていた彼は医者で、会えるのは夜遅いというこれまた不規則を生む生活で、治る要素は全くありませんでした。

そんなある日、あまりのひどさに見かねたのか、同じ病棟で働く医師から「本気で治す気があるなら、友達の医者を紹介するよ」と声をかけてもらいました。総合病院の皮膚科で、ケミカルピーリングを始めた、きっと効果があるから行ってみるとよいと。私はお願いして通うことにしました。外来で行った時に強い薬でピーリングしてもらい、あとは自宅で毎日、基礎化粧品の変わりに弱いピーリングを使うという方法です。外来治療も自宅用のピーリング薬も保険の適応がないので自費になり、値段は高額になります。

でもこれが、一ヶ月もすると効果が出て、にきびがきれいになってきました!5ヶ月ほど通ったでしょうか、顔はニキビだらけだったのが想像できないくらい、普通の肌になりました。引っ越すことになったし、医師からもう大丈夫かなという言葉ももらい、治療は終了。薬はやめましたがその後またひどくなるということはなく、ニキビの悩みから解消されました。お金はかかったけれど本当にやってよかったと思いました。

その後30代で結婚する時、普通の人はブライダルエステにいくと思うのですが、私は今住んでいる町でケミカルピーリングをやっている病院に通いました。ニキビはなかったけれど、肌を再生するピーリングのよさを知っていたので、迷わずピーリングを選びました。